読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のニュースをまとめるブログ

ネットで見かけたニュースをメインにまとめるブログです。

広島カープがマジックを順調に減らせた理由

広島カープが25年ぶりのリーグ優勝を決めました、本拠地マツダスタジアムでの胴上げは出来ませんでしたが、マジックが点灯してからは足踏みすることなく栄冠をつかみとりましたね。


ではなぜ広島カープがここまで順調にマジックを減らし続けることができたのでしょうか、先発・中継ぎ・抑え全ての投手陣の充実、1番打者から下位打線まで隙の無い得点力の高い打線、菊池選手に代表される高い守備力、もちろんこれらが大きいことは事実でしょう、しかしそれだけでここまで独走できるものでしょうか?そこでほかの要因を考えてみました。


広島カープにマジックが点灯した時の他球団のチーム状態はどうだったのでしょうか、まず巨人ですが防御率トップの菅野が10勝も出来ていないことが示すように得点力不足は明らかでした、山口・澤村ら実績のあるリリーフ陣がピリッとせず、阿部・村田・坂本以外の野手陣は精彩を欠きました、DeNAは当初大活躍した若手投手陣が打たれだし、去年大車輪の働きをみせた抑えの山崎康も不安定、ヤクルトは投手陣が総崩れ、阪神は去年から続くベテラン・外国人頼りを打破できず低迷、中日に至っては監督が休養するほどの不振、というように5球団全てが苦しい状況にあったのです。


つまりカープが強いというより周りが弱かったのでしょうね。

 

f:id:vmai:20161011105357j:plain