読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のニュースをまとめるブログ

ネットで見かけたニュースをメインにまとめるブログです。

領収書とレシートの違いがわからない

経費として落とす時にレシートだと怒られて領収書じゃないと駄目と言われたりするのですが、その違いがわからず納得出来ないことがあります。

 

そもそも、経費として支払ったことを証明することができれば良いわけですから、領収書よりも何を買ったかどこで買ったか、誰が買ったかがわかるレシートのほうが良いような気もするのですが、領収書じゃないと駄目だといわれてしまってどのような違いがあるのか明確に説明して欲しいと思うことがあります。

 

実際、レシートが領収書そのものとなっている店も増えてきていますし、購入したものがわかるこちらに統一したほうが良いのではと思うのですが、駄目なものは駄目といわれて怒られてしまうのが不満に感じることがあります。

 

もちろん、何を買ったかどこで買ったかわからない単なる金額しか印字されていないようなものが駄目というのはわかるのですが、それを言ったら手書きのものは自分が書いてもわからないわけで、余程こちらのほうが問題があるのではと思ってしまいます。

 

結局理屈として両方の違いが明確になっているのではなく、単純に今までの慣習で手書きの領収書じゃなければ駄目だと行っているのだろうなと思うと、非効率だと感じてしまうものです。

f:id:vmai:20161226122628j:plain