読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近のニュースをまとめるブログ

ネットで見かけたニュースをメインにまとめるブログです。

領収書と領収証の違いはあるの?

お金のやりくり

個人の買い物なら、レシートで終わりますが、仕事関係の場合にはその買い物をした証明として領収書をもらいます。今までは、「領収書」というものしか知らず「領収証」があることがわかりました。見てみると、とても良く似ています。


この領収書と領収証の違いは何かあるのでしょうか?確かに最後の文字が、書と証に違います。法的にはどちらが有効になるのかと言うと、どちらも同じだけの効力があるとわかりました。違いはないということです。


ただ、正式には「領収証書」になり領収書や領収証は略式になっています。そして、これよりも効力があるのが経理などでは買い物の内容が印字されているレシートの方が高くなります。


税務署などでは、金額よりも何にお金を使用したかがわかることが大事です。そのために、最近のレシートは品名まで印字されるので質問をする手間が省けます。こんなふうに、一文字違うだけで同じ意味のものは意外とあります。


普段は意識していないけれど、考えてみると漢字の面白さがでています。お金のことは、簡単なようで難しい取り決めもあります。この2点の種類があることを知らない人はたくさんいるはずです。買い物に行くときには、思い出してください。

f:id:vmai:20170116154239j:plain